上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
9月の電気料金の請求書が届きました。
請求書の中身は

P9280122(1)(1).jpg



ちなみに8月の請求は使用量473Kwhで10941円でした。
なぜ電気代が上がったのかと言うと今月メタハラを2本増設したことが原因です。

思ったほど今のクーラーは、つけっぱなしでも電気代が掛からないような気がします。

やはり熱帯魚器具で非常に電気を使うのは照明とヒーターです。

ちなみに照明の合計ワット数は

       20w蛍光灯が10本 
       15w蛍光灯が2本
       13w蛍光灯が1本
       150wメタハラが3本
  
    合計693W×照明時間7H

これに冬場に水槽9本すべてにヒーター取り付けたらがちょーん考えたくもありません。

熱帯魚の照明の電気が入ると冷蔵庫以外の電気をすべて消しても
メーターの回り方は (洗濯乾燥機を回した以上に) 壊れそうな勢いで激しく回っております。


やはり熱帯魚は贅沢品なのでしょうかね。

しばらくは水槽の増設はしない方がいいかもしれませんね。



話は変わりますが、先程えび部屋に入ると他の部屋と比べると暖かい。
クーラーの運転モードは除湿モードで26.5度の50パーセントに設定しています。
暖房運転していないのになぜ?と思い説明書と読んでみると
設定温度によって弱めの暖房運転で部屋の温度を近づけることがありますと書いてありました。

もうすでにえび部屋だけ暖房が入っている状態になりました。


スポンサーサイト
2008.09.28 Sun l その他 l COM(2) TB(1) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。